男性

栄養管理が難しい糖尿病食は宅配サービスの利用が最適

糖尿病を発症した場合

和食

糖尿病を悪化させない

糖尿病は、インスリンが十分に分泌されなくなって、血糖値が高くなってしまう病気です。そのまま放置しておくと合併症が起こり、場合によっては命の危険にさらされてしまいます。日本人の糖尿病患者の約9割が、初期に自覚症状がほとんど現れない2型糖尿病を患っています。体の異変に気がついた時には既にかなり症状が進行してしまっているケースが多いので、定期的に健康診断を受けて、自分の健康状態をチェックしておくことが大切です。1度発症してしまうと、治療で症状を改善することはできても糖尿病そのものを治すことはできません。ただし、まだ症状が軽い段階であれば、薬に頼らなくても食事療法で血糖コントロールすることができます。また、適切な食事療法を行っていれば、合併症の発生を予防できるようになります。一生気長に付き合っていかなくてはならない病気ですので、食事療法で病気の悪化を防ぐことがとても重要になってきます。

専門業者を利用する

多くの病院が、糖尿病患者やその家族に対し、糖尿病食の個別指導を行っています。糖尿病食を作る際に必要になる栄養計算のやり方などを事細かにレクチャーしてくれますが、料理や栄養学のプロでもない人が簡単にできるようなものではありません。また、1日1食だけ糖尿病食にすればよいというのならまだしも、3度の食事全てを糖尿病食にする必要があるため、食事作りが大きな負担になってしまいます。精神的なストレスも糖尿病を悪化させる原因になるので、最近では糖尿病食の宅配サービスを患者に紹介する病院が増えています。宅配サービスを利用すれば、3度の献立作りで頭を悩ませる必要がなくなります。どの宅配サービスも専門の管理栄養士に献立を作らせていますので、栄養成分のことを心配する必要は全くありません。それでいて味付けの方もバッチリですから、毎日の食事を楽しめるようになります。患者や家族の負担を軽減することができるという理由で、糖尿病食の宅配サービスが人気になっています。